日銀短観など、経済指標の開示情報を取得する

日銀短観や米国雇用統計といった、各種経済指標の開示情報を取得することができます。
エージェントで開示をチェックし、内容に応じてリアルタイムにトレード戦略を切り替える、といったことが可能です。

※情報の取得には、 OANDA API Labsで提供されている機能 を利用しています。
こちらもあわせてご覧ください。

開示情報は broker#retrieve_economic_calendar_informations で取得できます。

# 経済イベントの情報を取得します。
#
# 最初の引数で、データを取得する期間を指定します。以下のいずれかが指定可能です。
#  3600     .. 直近1時間
#  43200    .. 12時間
#  86400    .. 1日
#  604800   .. 1週間
#  2592000  .. 1ヶ月
#  7776000  .. 3ヶ月
#  15552000 .. 6ヶ月
#  31536000 .. 1年
#
# 第2引数で、取得対象とする通貨ペアの名前を指定できます。
# 指定がない場合、すべての通貨ペアの情報を取得します。
informations = broker.retrieve_economic_calendar_informations(604800, :USDJPY)
informations.each do |info|
  logger.info info.title      # タイトル  例) Chicago PMI
  logger.info info.timestamp  # 開示時刻
  logger.info info.currency   # イベントに関連する通貨 例) EUR
  logger.info info.forecast   # フォーキャストの値
  logger.info info.previous   # 同イベントの前回リリース時の値
  logger.info info.actual     # 実際値。イベントが実際に起こった後でのみ、取得可能になります。
  logger.info info.market     # 市場が期待した値
  logger.info info.unit       # forecast, previous, actual の各フィールドにおけるデータの形式。 
  logger.info info.region     # 地域 例)
end
※現在時刻を起点とした経済イベント情報のみ取得できます。
バックテスト内でも実行することはできますが、返されるのはテスト内の時間時点の情報ではない のでご注意ください。